運営方針

活動の目的は社会貢献です

羽生ソアリングクラブは、グライダーの運航を通じて地域の発展に寄与することを目的に設立されたNPO法人(特定非営利活動法人)です。
会員は、NPO法人の構成員であり「お客さま」ではありません。 このため会員は、飛行活動や会員同士の交流などを通じて、社会人としての健全な価値観と協調性を身に付けることになります。

すべての会員は平等です

年齢、学歴、職業や肩書き、航空経歴の有無、財産の多少などに関係なく、すべての会員は平等に活動します。
飛行に必要な作業だけでなく、滑走路の草刈りや公園の清掃なども重要な活動です。 もちろん、家庭の事情や仕事の都合、体力差などを考慮して、無理な作業を強制するようなことはありません。

教習所ではありませんが、ライセンス取得をサポートします

グライダーを操縦するには、操縦士技能証明(ライセンス)が必要です。
羽生ソアリングクラブは、ライセンス取得を目的としたフライトスクール(教習所)ではありません。 しかし、ライセンス取得を目指して努力する会員には、必要な教育訓練とサポートを行います。

初心者には、操縦教育証明の国家資格を持つ操縦教員(インストラクター)が同乗し、空を飛ぶ楽しさから教えます。 グライダーが初めてという初心者でも、本人の努力次第で、1~2年でライセンスを取得することが可能です。
一方、経験者には、より高いレベルの飛翔法と危機管理についての教育を行ないます。

会員の主体的な活動で経費を抑えています

機材の整備や施設の維持管理を会員自らが行うなど、会員の主体的な活動によって、クラブの運営に必要な経費を抑えています。
運営委員、操縦教員、整備士、曳航パイロットなどのスタッフも、クラブに雇用されているのではなく、資格や能力のある会員がボランティアでそれぞれの役割を担っているのです。

こうして経費を抑えた分を会費と飛行料金に反映しているため、社会人一年目の給与でも安心して活動を続けられる料金体系になっています。